動物の救急医療を行っている病院には夜間のみ、または24時間営業しているものがあります。

もしもの急な怪我に備えて救急医療を行っている動物病院を探そう

MENU

動物の救急医療について

 

動物も人間と同じようにいつ病気や怪我に襲われるかわかりません。
そのため、人間と同じように動物にも救急医療が必要になってきます。

 

動物の救急医療を行っている病院には、夜間のみに営業しているもの、24時間営業しているものなどがあります。
動物病院には入院患者もいるため、夜間であっても連絡をすれば救急医療を行ってくれる病院もあります。

 

獣医

かかりつけの動物病院が救急医療を行ってくれる場所であるかどうか、前もって確認をしておいたほうがよいでしょう。
もしも対応が出来ない病院である場合は、救急医療を行ってくれる病院がどこにあるかきちんと調べておく必要があります。

 

飼っている動物が対応してもらえるか確認

犬や猫であれば対応できる動物病院が多いのですが、飼っているペットがハムスターやモルモットやうさぎなどエキゾチック系である場合、対応できる病院自体が少ない場合がありますので、事前に周辺の動物病院についてしっかり確認しておく必要があります。

 

特に急性疾患などにかかってしまった場合、通常に病院が営業する時間まで待ってしまうと、病状が急変してしまう恐れがあります。
シニアの年齢であったり、持病を持っていると、特にその可能性が高くなると言えます。

 

ペットの状態が悪いけど、病院に行っていいものかわからないときは、救急医療を行っている動物病院に電話をし、ペットの状態を伝えるなどしてどうするべきかの判断を仰ぐとよいでしょう。

 

もしも病院へ行く事になった場合は、病院に到着する時間を伝えておくと、病院に到着したときにスムーズに対応してもらえます。

 

救急医療で夜間に病院にかかった場合、人間と同じように診察料などに夜間料金として割増料金がかかるのがほとんどです。
ペット保険に加入している場合、この夜間の割増料金に対応しているかどうかを確認しておくとよいでしょう。