動物看護師の資格は2012年から「動物看護師統一認定試験」と資格試験が設けられています。

動物看護師には資格必須ではない!?動物看護師になるためには

MENU

動物看護師になるためには

 

動物看護師には獣医師や人間の看護師のように資格が必ず必要なものではありません。
そのため動物看護師に関する資格が無くても動物病院などで動物看護師として就職する事は可能です。

 

しかし、資格を取得していれば、一定の知識、経験、技術などがあるとみなされるので、動物看護師の就職に有利に働きます。

 

動物看護師の資格は2012年から「動物看護師統一認定試験」と資格試験が設けられており、この試験に合格する事で動物看護師の資格を得る事が出来ます。
動物看護師統一認定試験を受験する為には、動物看護師統一認定機構が推奨しているカリキュラムを実施ししている専門学校、大学、短期大学などで、必要な単位を取得する必要があります。

 

動物看護師の仕事内容

獣医とペット

動物看護師の仕事内容は、獣医師の行う診察、手術などを補助する事になります。
例えば診察する動物が動かないように保定(押さえておく)こと、診察に使用する器具の準備、消毒、片付け、入院動物のケア、動物の検査の補助などです。

 

動物病院によっては受付や病院の事務を任される場合もあります。
そのため、ペットの飼い主とのコミュニケーションも大事になります。

 

病院にやってくる動物は元気に帰宅できるものが全てではありません。
病院で死亡してしまうもの、飼い主のケアが満足に行われていないものなど、辛い場面に出くわす事もあります。
また、動物によって腕や体に傷などを負ってしまうことも日常茶判事であるといえます。

 

大変なお仕事であるのにもかかわらず、平均的な給料は月給で15万ほどである事がほとんどで、決して収入の良い仕事であるとはいえません。
また、小規模の動物病院だと、社会福利がきちんとしていないところもあります。就職する際に、残業代や社会福利などについてしっかり確認する必要があります。