獣医系大学は難易度も高く競争率も高いため、合格するのは簡単な事ではありません。

獣医になるためには-獣医師国家試験と獣医系大学について

MENU

獣医になるために

 

獣医になるためには農林水産省が指定する、獣医学部や獣医学科などがある6年制の獣医系大学を卒業する必要があります。

 

勉強をする学生

しかし、獣医学系の大学は学費が高いところが多く、私立であれば6年間で1,000万円以上かかる場合があります。

 

しかし、国立の大学であれば成績や家庭環境などを考慮して授業料の免除を行っているところもありますので、確認してみるとよいでしょう。

 

また、獣医系大学は国立が11校私立が5校の16校ほどしかなく、難易度も高く競争率も高い為、合格するのは簡単な事ではありません。

 

獣医と言っても犬や猫などを診る一般的なもの以外にも、モルモットやハムスターなどエキゾチック系と言われるものに特化するもの、牛や豚など家畜に特化したものなど、大学によって得意な分野が異なる事があります。
自分がどんな獣医師になりたいのか、きちんと見据えた上で入学する大学を決めたほうがよいでしょう。

 

獣医系大学を卒業すると獣医師国家試験の受験資格を得る事が出来ます。
そしてこの獣医師国家試験に合格すると獣医師になる事が出来ます。

 

獣医師の就職先はペットの診療を行う動物病院以外にも、動物園水族館の獣医師として働いたり、農協で家畜の獣医師として働いたりする事が出来ます。

 

また、少し変わったところでは、製薬会社で動物の治療に使用する薬の開発や研究を行ったり、ペットフードなどを販売する会社で食品の開発研究などを行ったりすることもできます。

 

また、地方公務員として地方自治体で保健所や食肉衛生検査所で働く事もできますし、国家公務員として空港や海港などの検疫所で働く事もできます。
しかし、獣医師のほとんどがペット診療の為の動物病院に就職しています。

 

獣医師の資格を得たからと言って、すぐに一人前に働けるわけではありません。働きながら経験や知識を積み重ねていく必要があります。